アセット 4.png

TOP  >  陶板浴と免疫力

ご自宅で手軽に免疫力アップ

健康な身体づくりに

陶板浴と免疫力の関係性

免疫力は、体温が1℃下がると30%低下し、逆に1℃上がると最大5~6倍アップするともいわれます。しかしこの免疫力は深部体温が36.5℃±0.4の範囲で、急速に活発化したり働かなくなったりします。

深部体温を上げるには入浴や、サウナ・岩盤浴等高温の温浴施設に入ることでも上がりますが、最低でも30分程度必要と言われています。高温な場所に30分は健康な人でもかなり厳しいですが、体調を崩している方や、疾患を抱えている方はかえって症状を悪化させかねません。しかし陶板浴は室温が42℃程度(環境によって異なります)ですので、無理なく深部体温を上げることが可能です。また入浴などと違い、遠赤外線の効果で体を温めるので冷めにくく、上昇した体温をより長く保つことができます。

 風邪やウイルス系の病気には特効薬がないと言われています。日頃から自己免疫力を上げることで負けない体づくりをすることが大切です。

陶板浴は免疫力をを活発にするために、深部体温を保つ有効な方法の一つです。

4932183_m.jpg

陶板浴で期待できる効果

陶板浴へ定期的に入ることにより、深部体温を36.5℃以上に保つことで免疫力を活発にすることで健康を維持するだけではなく、様々な効果が期待できます。

  • 体温が上がることで血流がよくなり、むくみが解消

  • 冷え性や肩こり

  • 疲労回復

  • 体質の改善

  • 安眠・リラックス

体温を上げ、血流をよくし、新陳代謝を活発にすることで見た目も身体もマイナス5歳を実感しましょう。

陶板浴の入浴前後による免疫力の変化

​※現在、データ解析中です。