アセット 9.png

TOP  >  研究会会員について  >  会長からの挨拶

DSC_5281_edited.jpg

​空気が圧倒的に違う

抗酸化の良さをもっと知ってもらいたい

​株式会社竹屋

​代表取締役社長 磯貝努

会長からのコメント

昨最近、新型コロナウイルスの影響で、免疫力に対する関心が高まっています。今回のような人々を脅かすウイルスが今後も発生する可能性は誰にも否定できません。医療業界は、新種のウイルスが発生する度に治療薬やワクチンの開発に取り掛かりますが、臨床に至るまでに1〜2年の歳月が必要です。このような場当たり的な対策では、そのたびに社会が経済的にも精神的にも大きなダメージを受け、疲弊してしまいます。

 

私たちは、陶板浴を普及することが人々の免疫力を向上させ、新たなウイルスからの脅威を遠ざけることだと考えています。多くの方が陶板浴を利用することで免疫力を高め、医療に頼らずとも自分の健康は自分で守ることができる様になることが、ゆくゆくは国が抱える医療費の問題解決にも繋がります。実際に自宅に陶板浴を設置された方々から、「風邪を引かなくなった」「薬を飲まなくても大丈夫になった」といった、喜びや感謝の声をたくさんいただいています。またこうした沢山の声が、私たちの活動への励みにもなっています。

 

私たちはこれまで、事務局の所在地である茨城県を中心として、施工を行ってまいりました。また最近では、遠方からの問い合わせも増えてきています。遠方からお問い合わせをいただくことは、私たちの影響力が大きくなっていることでもあり喜ばしいことでもありますが、その一方で悩ましいことでもあります。会員施工店から現場までの距離が遠い場合、会員施工店にもお客様にも経済的な負担が大きくなってしまうからです。

 

そこで今後は、全国どこのエリアにおいても、お客様の経済的な負担を削減できるように、全国各地に会員施工店のネットワークを広げて行きたいと考えています。陶板浴は設置してからのアフターフォローがとても重要です。現場に近い会員施工が担当することで、お客様により満足して頂けるサービスが提供できると考えています。

 

陶板浴を施工する仕事は、お客様に喜んでいただき、社会にも貢献できる、とてもやりがいのある仕事です。できるだけ沢山の方々に、陶板浴の素晴らしさを知っていただきたいと願っています。私たちはこうした当会の思いに賛同していただける仲間を随時募集しています。少しでも関心をもたれた方はお気軽に事務局までお問い合わせください。